【この世で一番簡単に釣れる魚】うなぎのぶっこみ釣り

ウナギのぶっこみ釣りのすすめ

 

 

天然ウナギを釣るのに一番取り組みやすいのがうなぎのぶっこみ釣りです。

 

小学生低学年のお子様でも簡単に釣ることが出来るでしょう。

 

シーズンは5月から11月までの暖かい時期ですので、夕涼みがてら出かけてみてはいかがでしょうか。

 

慣れてくれば釣ったウナギを晩御飯のおかず、ということもカンタンです。

 

 

 

お手軽な理由

 

1、川に入ることなく安全
穴釣りは川に入って行う釣りのため半ズボンあるいは水着の着用が必要。
また、穴釣りでは河口など潮汐の影響を受ける場所では、満潮時などに釣りができない。
ぶっこみ釣りは足場の良い岸から釣りができる
nu
ウナギ釣りのポイント探しにはグーグルマップが最強です詳しくはこちら

 

2、簡単な投げ釣り用の仕掛け

釣り具店に売っている一番安いリール付きの竿で十分できる。
糸は三号程度の太さのもので良い。
針を糸に結ぶことが出来ないなら糸付きの針が市販されている。
中通しオモリ5号、サルカン、ウナギ針15号、ハリス糸(3号)が仕掛けのすべてです。

 

 

3、仕掛けを投げ込んだら後は待つだけ
ウナギが隠れていそうな障害物を見つけたらその近く、エサの臭いでおびき寄せるために住処と思われる場所の2mほど上流側に仕掛けが落ちるように投げ込む。
あとはリールを巻いて糸のたるみを巻き取ったら竿を置いてウナギが食いつくのを待つだけ。

鈴を竿先に付けておくとアタリがあったら鈴が鳴ります。

鈴にはクリップで竿先をはさんで止めるもの、樹脂製のネジで竿先を挟み込むものがあります。
取ったり付けたりカンタンなのはクリップの方ですが、投げるときには外すように心がけてください。

 

 

 

竿の先端から二番目のガイドの下あたりに止めましょう。

先端すぎると、竿を振った時に外れてしまったり、最悪の場合には糸が鈴に絡んで竿先を折ったりする場合もあります。

 

 

 

 

4.エサに食いついてアタリがあってもしばらく放置して飲み込ませるだけ
ウナギはえさを丸飲みするのでそのままじっくりと待つ。
飲み込ませて釣るのがコツですが、あまりに長い間放置すると穴や障害物に潜り込んでしまい引っこ抜くことが出来なくなるので強い当たりが来たらリールを巻き上げよう。

 

5、それほど引かないのでゆっくり巻き上げるだけ
ウナギはそれほど引きの強い魚ではありません。
ウナギが針に掛かって重さを感じたらリールを一定のスピードで巻き上げましょう。
もし、大きなウナギが掛かったらあまり無理をしないでリールを巻く手を止め、竿のしなりで耐えましょう。
ウナギはカツオなどのように走り抜ける魚ではありません。
慌てずに常にリールを一定のスピードで巻いて寄せてきましょう。
足元まできたら一気に抜きあげましょう、もたもたしてはいけません、用心のためになどと、たも網ですくう必要はありません
かえって水面で暴れさせると針が外れたり、ウナギが大きい場合ウナギの重さでウナギの口や口の中が裂けて針が外れるなどのトラブルが起きてしまいます。
ウナギは大きくても一キロ前後ですので「さっと抜きあげる」ことを最優先してください。

 

デメリット

1.雨や雨の後、濁りが入っている状況でないとなかなか釣れない。
2、晴天時などはウナギの活動時間は日没後2時間程度しかないために釣り時間は短い。

 

エサについて

エサはドバミミズが一番です。
ドバミミズは5月から6月が最も多く発生する時期となります。
釣具店で購入するとかなり高額(一尾80円)ですので、ぜひ自分のミミズ場を探すようにしてください。

場所の選定は一日を通して朝から晩まで一度も日光が当たらない場所をまず探します。

 

ミミズを掘るという表現をしますが、ミミズは落ち葉や障害物をのけただけで捕れるはずです。
土を掘り起こすという捕り方では時間が掛かりすぎますし、それほど沢山は捕れません。
落ち葉をのけただけで沢山とれる場所をまず探しましょう。

 

その他には釣具店でアオイソメがミミズの捕れない時期にはいいでしょう。
特に河口部では有効です。
あとは魚の切り身、アサリのむき身など臭いの強いものが好まれます。

大きさはこれくらい、小さなものは捕らずにおきましょう。
次回大きくなっているはずです。
また、ミミズは2日程度で弱ってしまいますので、たくさんとっておくことはできません。
その都度捕りに行くので「短時間で沢山捕れる」という自分のミミズ場を見つけることがウナギ釣りの最大のカギとなります。

 

「これはあかん!」ウナギ釣りのサイテー外道ランキング

 

ウナギ釣りをしていると、エサを盗る外道(げどう:目的以外の魚など)の存在に悩まされることも少なくありません。

 

以下の生物があまりにも多い場合にはさっさと他のポイントに移動しましょう。

 

クサフグ

 

もうこのクサフグだけはウナギ釣りに限らず、あらゆる釣りが成立しなくなります。

管理人の住む地域のウナギ生息ポイントの半数以上がこのクサフグのせいで釣りが成立しません。

 

 

海水の影響を受ける河口や汽水域に群れています、もちろん有毒ですので食べられません。

 

最悪なことに、エサを盗るだけでなく、ハリスやオモリまでかじりまくります。
しかも大挙してエサに襲い掛かりますので仕掛けを回収するたびにハリスが切られてしまいます。
必ず群れで行動しますので、一尾でも釣れた場合にはうんと上流の淡水域まで移動するか、川を変える以外にありません。

 

しかし、クサフグの居る場所はエサの多い場所であるため、いろいろな魚種の多いポイントではあります。
パイプのワナなどを仕掛けて釣り以外の方法でウナギを狙いましょう。

 

アカエイ

 

主に河口域や汽水域に生息します。夜行性で嗅覚が鋭く、なんでも大きな口で吸いこみます。 

 

尾の付け根に毒針がありますので無理に針を外そうとせずに糸を切って逃がしましょう。

 

全身を大きく使って泳ぐためにとてもトルクのある引きを楽しめます。
しかし、ウナギ釣りは筋トレではないので、非常に厄介な外道です。

 

 

引き上げられないような大物が掛かったら出来るだけ道糸を回収して途中で糸を切って逃がしても構いません。

 

針はしばらくすると外れますので、大丈夫です。

 

この写真のものは、小型であることと写真が撮りたかったためにあえて釣りあげています。

 

アカエイが一度でも針かかりしたり、目視で確認したことのある海域で釣りをする際には必ず竿を持っていかれないように何かで固定し、リールのドラグをゆるめて釣り竿ごと持っていかれないように注意しましょう。

 

管理人はこれまで2回竿ごと持っていかれたことがあります。

 

エサをスパっと吸い込み、異物(釣り針)を感知するとびっくりしていきなりダッシュしますので、このようなことが起こるのです。

 

リール竿を無くすこともですが、アカエイにも大きな負担ですので、必ず注意してください。

 

ほとんど単独行動ですが、昼間に寝る場所には集まることも多いです。
時期によって、アカエイが多すぎる場合には、クサフグ同様に場所を大きく上流に移動するか、他の川に行きましょう。

 

ミシシッピアカミミガメ

 

俗に言うミドリガメです。

 

 

このカメは淡水の中流域から上流に至るまで生息しています。

 

寿命は30年、軽い気持ちで飼育を始めたら大変なことになります。

 

子供たちがお祭りなどの縁日の「かめすくい」で家に持ち帰ったことで日本中に爆発的に増えました。

 

これが結構、ウナギ釣りで釣れることがあります。

 

魚と違い釣り針が致命的な死因となります。

 

これが針掛かりするとテンションがダダ下がりです。

 

ハリスをカットする前になるべく針を外すようにしましょう。

 

人間の都合で持ち込まれた生物ですので、かわいそうです。

 

それにしても厄介です。

 

私はミシシッピアカミミガメに限らず、スッポンなどのカメ類の多いポイントはさけるようにしています。