【うなぎの蒲焼き】もっとおいしく※カンタン自家製タレの作り方は?

【うなぎの蒲焼き】もっとおいしく※カンタン自家製タレの作り方は?

うなぎの蒲焼きをスーパーや通信販売で購入し、温めたのはいいものの、ウナギのタレがどうも少ない、足りないという経験はありませんか?

 

そうなんです、付属のタレはウナギの蒲焼きにからめるだけで精一杯の量なんです。

 

うな丼を作る際に必要な、うなぎを乗せる前にご飯に混ぜ込む分量のタレが入ってないのです。

 

別に購入するか自分でつくるしかありません!

 

しかし管理人はスーパーなどでウナギのタレを購入することをお勧めしません。

 

理由はあまりにも簡単に自分で作れるから、もう一つの理由は買うに値しないからです。

 

大手メーカーの蒲焼きのタレの原材料です。

原材料:醤油、水飴ぶどう糖果糖液糖、味醂、うなぎエキス、酵母エキス、蛋白加水分解物、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、増粘剤(キサンタン)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

(原材料は使われている割合の多いものから記入されるルールがあります)

 

せっかくのウナギの蒲焼きですのでこの機会にぜひ、ウナギのタレ作りにトライしてみませんか!

 

ウナギのタレ(蒲焼きのタレ)はご自宅でカンタンに作れます。

結論を言うと…

醤油1+味醂1(+砂糖は好みで少量)

これだけです。

しかし絶対条件があります。

味醂は本みりんを使う

よくある「みりん調味料」は絶対に買わない、使わないでください。

 

味醂のニセモノです、甘さを出すために甘味料などが入ったまがい物です。これを使うと味が決まりませんので料理は生涯上手になりません。

 

本みりんは蒸したもち米と米こうじに焼酎などのアルコールを加えて熟成させた後に絞ったものです。
ですのでもとから日本酒の風味と砂糖の甘味の両方を兼ねているんです。

 

最初に味醂だけを弱火にかけて少し沸いてきたら醤油、好みで砂糖を入れて焦げないように混ぜながらトロミが出てきたら完成です。

 

 

もし、ご自身でウナギを釣るなどして調理する場合には、ウナギの頭と中骨を投入してうなぎの風味とウナギから出るダシを移しましょう。
これで格段にいい香りが移ります。

 

 

 

(番外編)
管理人は自分でウナギを捕ったり、釣ったりしてますので先ほどのウナギの骨と頭を取り除いたタレに直接、生のウナギを投入して煮る感じで蒲焼きを作ります。これは高知県に住んでいた時に川漁師に教わりました。
彼らにとっては日々のお惣菜ですのでもっとも手早く蒲焼きを作れる方法を編み出したようです。

 

完成したウナギのタレはビンに詰めるなどして冷蔵庫に入れておけば一か月は保存可能です。

 

このうなぎのタレの砂糖1+味醂1のレシピなんですが、多くの和食の味付けの基本でもあるんです。

 

本みりんを使うだけで一気にプロの日本料理店の味になります。
管理人も本みりんを知った時「今まで何だったんだろう」という気分になりました。

 

少し味付けの例を挙げておきます。
【醤油1+味醂1】
肉じゃが/カレイの煮つけ/きんぴらごぼう/豚の角煮

 

【醤油1+味醂1+酒1】
ぶりの照り焼き/豚の生姜焼き

 

みなさんもぜひこの機会にお試しください。

 

【プロが選んだ】うなぎ通販おすすめランキングに戻る